2011年04月04日

大乱調8号 4月発行!!

まず、東日本大震災で被災された方々にお見舞い申し上げます。

大情研では、3月中に、活動を再開させました。
そして先日、雑誌『大乱調』の校正会議を行いました。
各自でさらに直しを加え、4月のうちにできるだけ早く、発行しようと思います。

加えて、4月を迎え、新歓の準備も進めています。
新歓情報も掲載していきますので、よろしくお願いします。

P.Q
posted by 大情研 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

カンニングで被害届はアリ? ナシ?

報道各社が報じているように、
大学入試における、インターネットを使ったカンニングが大きく問題になっている。
確かに、珍しいカンニングだ。カンニングがなされたことは明らかなのに、誰がやったか分からない状態。カンニングは行われたのが分かれば、それと同時にやった人もわかるはずなのに…。


そんな中、カンニングが行われたとみられる京都大学はそのカンニングを理由に、警察に被害届を提出する方針であるという報道があった。


ここでわいてくる疑問は、そもそもカンニングが犯罪なのか? という疑問である。こうした疑問を持つ人は、インターネットみても一定数あるように思われる。
僕も同様の疑問を持ち、やはりカンニングは犯罪ではないだろうと思っている。
もちろんカンニングは良くないことだが。


なぜなら、カンニングは不正行為であって、犯罪ではないからだ。
当大学の学期試験にもカンニングなどの不正行為に関する規定があるが、不正行為をしたものは、その試験期間中に受けた試験の結果がすべて無効になり、加えて、停学などもありうるという処分がなされる。このようにカンニングなどの不正行為は、大学という組織の内部で処分がされるものとなっている。入学試験においても同様にカンニングは、不正行為として扱われ、学内で処分されていたはずである。そう考えると、報道などで言われている、カンニングを偽計業務妨害とするのは、こじつけのようにしか思えない。

それなのに大学がカンニングを犯罪とし、被害届を出そうとするのは、まったくの憶測だが、大学がカンニングをした人を、単に見つけるのが難しい、または大変だから警察に頼んだのだろうと思えてしまうのである。
だが、警察は私立探偵ではない。警察は捜査対象とする人を、処罰を与える場に送り込むことができうる立場にあるのだ。
大学はそうしたことを十分考慮したうえで、被害届を出す判断をしたのだろうか。自分たちで、特定のための調査を十分行ったのか。疑問である。
 

繰り返し言うが、カンニングは良くないことだが、大学が処分すべき、不正行為であり、犯罪とは思えない。
このように大学が、今までは不正行為であったものを安易に犯罪行為としてしまうことで、犯罪と捉えられる行為を広がることになった上、大学における問題に対して、警察の介入が容易に行える、または、大学からそうした介入を求めることも多々あるということを明らかにしている。

こうした点から、僕は、大学は被害届を出すべきでないと考える。


P.Q

posted by 大情研 at 06:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

涙が止まらないっ☆(2)

吉本バナナまんは勇気をふりしぼって
おそるおそるメールボックスを開けてみました…

すると、もう涙が止まらないっ☆

これは、大情研創設以来の快挙!

そこには首都大生(一年生!)より大情研への、大乱調7号への応援メールがあったのです。

石原都政に関する批判や首都大の雰囲気を一蹴する評論に感銘を受けた、という感想やこれからも鋭い意見を楽しみにしています、といった大情研への期待が書かれていました。
(↑決して、良いとこだけ取り上げているわけではないのですー。)


やっぱり、このように応援していただけるのはとにかく嬉しい。
しかも、メールでこのようなお声を頂くのは初めてのことで、「何も言えねぇ」(by北島康介)くらい嬉しかった。

手に取り、読んで、感じ、考える。
大乱調が誰かの思考のきっかけとなり、何らかの刺激を与えられているとすればわくわくする。
また、誰かの本当は言いたいけど言えないことの代弁者となれているとしたら、「超気持ちいい」(by北島康介)である。

てか、涙が止まらないっ☆(1)http://daijouken.seesaa.net/article/182630598.htmlでは捨ててあったけどさ、
まず大乱調が手に取られ、読まれ、何らか感じ、捨てられたってなら、
本望である。


今日も、3人くらい学生ホールで大乱調7号を手に取っている人を見かけた。
うれしすっ☆










posted by 大情研 at 03:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙が止まらないっ☆(1)

昨日、吉本バナナまんはメールの管理人である部長から
「大情研のメールアドレスにメールが来ている!」との話を聞いた。

そして、部長は続けて言った。

「俺、、見たくない」

その言葉を聞いた吉本は「もう、こうなったら我まさに見んとす!」と感じた、
までは良かったのだが、正直私も見るのにわくわく!よりもハラハラを感じていた。

なぜなら…学生ホールにてこんなものを見つけてしまったからだ。

……うぅ、涙が止まらない。もう何も言えないから、とりあえずこれを見てほしい。

大乱調7号ゴミ箱ひき.jpg

ん!?

吉本は近づいて、よぉーく見たのです。

大乱調7号ゴミ箱.jpg

やっぱり、どう見てもゴミと一緒に大乱調7号が折りたたんでおいてある、
いや、もしかして、ゴミ箱の中に捨ててあるのか(゜▽゜;;
折りたたんだのは悪意なのか、それともゴミの総面積を減らすための善意なのか。
いや、そんなことはどうだっていい。

思考に思考を重ね、やはり捨ててあ…うわぁ。
あぁ、もう涙が止まらない(>_<。)

そして、そんな気持ちでおうちに帰って、
吉本はおそるおそるメールボックスを開くことになったのです。

続く→
posted by 大情研 at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

大乱調7号、本日発行なり!

本日、大乱調7号が無事、
発行されました!!!

イェイ、イェイ(≧▽≦)


今回の
トップ記事は
『〜怪奇〜石原大学東京の真実』です!!

見出しを聞くだけで、
読みたくなったでしょう、読みたくなったでしょう(`・ω・´)!

その他にも石原(真理子、あ真理の方じゃないよ!慎太郎だよ!)に言及したものが多めのラインナップとなっております。

それでは、表紙だけちらっと。

大乱調7号表紙 写真.jpg

こんな感じですっ
どうですか、どうですか?

学内のいたるところに置いているので、ぜひ手にとって見てください。

今日、早速、学生ホール一回エレベーター横に設置した大乱調を
手にとって読んでいる人を見かけて、
めちゃめちゃ嬉しい気持ちになったお(´;ω;`)

ではでは、ぜひ読んでくださいねー

吉本バナナまんでした。
posted by 大情研 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。