2012年04月06日

サークル紹介

今日はサークル紹介ですね!

それと関連して、同日開かれる、ある講演会について大情研の発行する『大乱調』第11号の「希望していなかった大学に絶望する時」という文章の中で、取り上げています。

その文章はなかなか癖の強い形式で書かれているので、ここでは最も伝えたい内容をその文章から抜粋して、伝えたいと思います。長い引用になりますが、是非読んでみてください!




4月6日、『新入生のための「差がつく」大学生活の送り方―4年後後悔しないコツ!明かします―ガイダンス』という、ありがたいお話を聞ける機会がある。目立つ看板が南門に張り出されているのを読者の方も見たのではないだろうか。

さて、何において大学生活で「差がつく」のだろうか。ビラには、登壇者の紹介として、一番上に大きく有名企業名が載り、その下に学部が記載されている。在学中彼らが何をしたかはそのビラでは一切読み取ることはできない。分かるのは、企画者にとって「差がつく」のは学生の「就職先」においてであり、大学で充実した活動を行ったか判断される材料は、「就職先」ということらしい。いや充実してなくても「就職先」がよければ、「差がついた」ことになるのだろうか? まるで「学部生は、大学のことなんていいから、就職の事を考えなさい」と言わんばかりである。



(なぜこのことを取り上げたのか、について)

同日に「サークル紹介」が行われるからだ。サークル紹介とは、首都大の各サークルが、一同に会し、教室等にブースを設け、新入生の勧誘を行う恒例行事である。

ただ残念ながらサークル活動は重視されていないようである。例年使えるはずの1号館120教室は例の講演会が使うようだ。授業のガイダンスならまだしも、就職という大学を出る時の話のために、大学における活動の広報をすることが制限されるというのはなんとも滑稽である。繰り返し言おう、まるで首都大学東京当局は、「学部生は、大学のことなんていいから、就職の事を考えなさい」と言っているようだと。大学において就活について一切考えるなとまでは思わないが、講演会がこの日、この場所で開かれることは、大学の自己否定のようにみえる。正確には、大学の自己否定の肯定だろうか。



看板となる大学の門に面する、大学の教室である120教室が使えないのは学生にとって大変痛いことである。講演会は、6号館などを使うこともできるはずだ。



これでは、学生がより大学に目を向けなくなるのではないか。大学にいることへの希望を学生が持つことができず、大学を通過点としてしかみることがなくなってしまうのではないだろうか。

…  』

(「希望していなかった大学に絶望する時」大乱調第11号より)



大学の機能として、就業支援は必要なのかもしれません。しかし、大学について伝えようとしているときに、その中心では大学生活を企業名で語る講演会が開かれることに、違和感を覚えます。野暮というものでしょう。サークル紹介は、新入生はわくわくと、上級生の必死さが交差するとても楽しい日なはずです。大学の別の顔を見るいい機会です。

要するに

だから、こんな講演会など行かず、「サークル紹介」に来ることをオススメします!!

(講演会行った人も是非、来てね!)

気球真二
posted by 大情研 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。