2011年03月02日

カンニングで被害届はアリ? ナシ?

報道各社が報じているように、
大学入試における、インターネットを使ったカンニングが大きく問題になっている。
確かに、珍しいカンニングだ。カンニングがなされたことは明らかなのに、誰がやったか分からない状態。カンニングは行われたのが分かれば、それと同時にやった人もわかるはずなのに…。


そんな中、カンニングが行われたとみられる京都大学はそのカンニングを理由に、警察に被害届を提出する方針であるという報道があった。


ここでわいてくる疑問は、そもそもカンニングが犯罪なのか? という疑問である。こうした疑問を持つ人は、インターネットみても一定数あるように思われる。
僕も同様の疑問を持ち、やはりカンニングは犯罪ではないだろうと思っている。
もちろんカンニングは良くないことだが。


なぜなら、カンニングは不正行為であって、犯罪ではないからだ。
当大学の学期試験にもカンニングなどの不正行為に関する規定があるが、不正行為をしたものは、その試験期間中に受けた試験の結果がすべて無効になり、加えて、停学などもありうるという処分がなされる。このようにカンニングなどの不正行為は、大学という組織の内部で処分がされるものとなっている。入学試験においても同様にカンニングは、不正行為として扱われ、学内で処分されていたはずである。そう考えると、報道などで言われている、カンニングを偽計業務妨害とするのは、こじつけのようにしか思えない。

それなのに大学がカンニングを犯罪とし、被害届を出そうとするのは、まったくの憶測だが、大学がカンニングをした人を、単に見つけるのが難しい、または大変だから警察に頼んだのだろうと思えてしまうのである。
だが、警察は私立探偵ではない。警察は捜査対象とする人を、処罰を与える場に送り込むことができうる立場にあるのだ。
大学はそうしたことを十分考慮したうえで、被害届を出す判断をしたのだろうか。自分たちで、特定のための調査を十分行ったのか。疑問である。
 

繰り返し言うが、カンニングは良くないことだが、大学が処分すべき、不正行為であり、犯罪とは思えない。
このように大学が、今までは不正行為であったものを安易に犯罪行為としてしまうことで、犯罪と捉えられる行為を広がることになった上、大学における問題に対して、警察の介入が容易に行える、または、大学からそうした介入を求めることも多々あるということを明らかにしている。

こうした点から、僕は、大学は被害届を出すべきでないと考える。


P.Q

posted by 大情研 at 06:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。